示談の際の注意点

示談とは和解の一種であり、互いに譲歩をしてその間に存する争いをやめることを約することというのが定義です。示談の取り決めについては、被害者に対する補償金額が含まれます。通常、和解が成立するとお互いが納得したということを証明する和解契約書が作成されます。この書類に示談を成立させる条件が詳細に記載されるのです。

和解契約書は同じ問題についてこれ以上争わないことを約束するものになるため、一度成立した場合、追加で賠償金等を請求することは困難となります。示談書が持つ法律的な効力はとても大きく、裁判でも示談書の内容はとても重要なものとして扱われます。ですので、内容をしっかり把握せずにサインしてしまい、本来受け取ることのできたはずの補償を受け取れなくなるということもあり得るのです。

示談交渉というのはあくまで当事者間で納得のいく形で加害者が被害者にどれくらいのお金を支払うかということを決定するものですので、もしも被害者の方に示談に関する知識が全く無い場合は交渉において不利となってしまうかもしれませんし、少額の示談金で相手に丸め込まれてしまう可能性もあります。そのような不安があるという方は弁護士への依頼を考えてみるのもいいかもしれません。